【こころでからだの声を聴く】
~身体とのコミュニケーションを学ぶ講座~

『自分を大切にする』こと『自分自身とつながる』ことを

みえない世界や意識といった視点ではなく、

自分の目にみえて感じられる「からだ」の視点から始めてみませんか?

日 時:2020年1月26日(日) 
・ Static Meditation(瞑想) 13:00~13:45
・WORKSHOP  14:00~16:00
場 所:infini施術室(予定)
参加費 4,000 円  

この講座では、
『自分を大切にする』『自分自身とつながる』という話を

目にみえない意識や精神世界的な視点からではなく、
自分の目にみえて、触れて感じられる「からだ」の視点から話します。


「からだ」の反応の受け取り方、扱い方を学びます。

 

WORKSHOPでは、実際にご自分の身体に問いかけ、何を伝えようとしているのか、感じてみましょう。そして、いま何が必要なのか というところまで、ご自身で受け取れたらいいなと思っています。

自覚のないところに、意外なモノが隠れていたりします^^(笑)

​​

 

「からだ」はあなたにとって何でしょう?

「もちもの」ですか?「入れもの」ですか?

「あなた自身」でしょうか?

あなたは普段、身体をどう認識していますか?

・・・

無理して動いたあとや体調を崩したときだけ、

意識を向けていませんか?

からだはあなたの想いを形にするため

毎瞬毎瞬、あなたの思うように動こうとしてくれています。

脳があなたの想いを行動に落とし込み

運動機能があなたとあなたのからだを運んでくれます。

黙って、黙々と あなたのために

あなたのからだの細胞は、休みなく働いてます。

そんな風に考えたことはありませんか?

からだは目にみえる「魂」の一部であり、

魂は目にみえない「からだ」の一部。
そんな風に「からだ」のことを表現する人もいます。

 

「からだ」がなくなると生きていくことはできません。

動かなくなると、何もできず、どこへもいけません。

「病氣」はからだで起こります。

「不調」もからだで感じます。

健康である普段から、身体に意識を向けて身体とコミュニケーションを取る習慣を持ちましょう。

実際に触れてみれば、想いもしなかったところが痛かったりします。痛くなる前に、治してあげる。

それが「未病」の段階でからだを整えていく最適な方法です。

「好きや嫌いがはっきりわからない」「何をしたいのかわからない」「いまわたしに何が必要なのか教えてほしい」

 

そんな質問の答えも、実はからだを通して受け取ることができます。「脳」も身体の一部です。

からだはいつもあなたの声を聴いてくれています。

あなたが身体の声を聴く番です。

『自分を大切にする』こと『自分自身とつながる』ことをみえない世界や意識などではなく、自分の目にみえて感じられる「からだ」の視点から始めてみませんか?

ここで行う施術はリラクゼーション、健康管理や健康・美容増進、医療治療に至らない症状の軽減・緩和を目的にし、医療行為、治療を目的にしたトリートメントは行っておりません。あくまでも「民間療法」であり、医学的な治療ではなく、また改善や効果をお約束することもできません。​

​対面に関しては基本的に女性限定です。男性は直接面識のある方もしくは御紹介者がおられる場合のみとさせていただきます。

​遠隔に関しては、この限りではありません。

このことをご理解ご了承の上、お申込み&お受けいただきますようお願い申しあげます。

© 2014 by Holistic conditioning infini